So-net無料ブログ作成

花粉症は雨の日ほど悪化する?そう言われてみれば! [アレルギー]

花粉症は2月から始まる子供も含めて3人に1人が悩む国民病になりつつあります。
天気予報などでは、花粉が飛ぶ量の多いのは、快晴等、お天気が良い日なので注意必要ですが、私も含めて、雨の日に体調が悪くなる人も多いのでは?
医学博士の米山公啓氏によると、「気圧が関係しているのでは」とのこと。
雨の日は気圧が下がり、自律神経のうち副交感神経が優位になりやすいそうです。

副交感神経はリラックスしている夜に優位になりますが、副交感神経が優位な時ほど

体の調節機能が落ちて、咳やくしゃみが出やすく、夜に咳混むのもその為かもしれません。

雨の日に関節が痛くなったり、うつ気分になるのと同じで、花粉症がひどくなるのは
気圧の変化に敏感な可能性がありそうです。

雨の日こそ、身体を動かし、交感神経を優位にする工夫が花粉症の悪化を抑える手段と言えます。

最後に
未だ解明が進んでいない花粉症やアレルギー疾患が一日も早く解明され、国民病で無くなることを願います!

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。