So-net無料ブログ作成

視力1.5や2.0が良い目とは限らない? [視力]

これまで、視力が良い事を目が良い、視力が悪い事を目が悪いと誰もが思っていたはずです。
ところが、現代社会では良い目が必ずしも快適とは限らないと言われています。梶田眼科(東京)の梶田雅義院長の指摘によれば、1.0以上の視力で、頭痛や肩こりなどの不調を訴える人には、眼鏡などで視力の矯正をするそうです。

なぜ?・・・と最初は思いますが、現代社会では遠くを見ることが減り、近くを見ることが増え、程々の視力が快適に過ごせるのが要因のようです。

スマホ、パソコン、新聞、テレビ等、1m以内を見続ける事が増えました。
子供でも外で遊ぶことが減り、ゲームや勉強で近くを見ることが増えています。

視力によってピントが合う距離は変わりますが、せっかく持って生まれた遠くが見える能力が活かせず、頭痛や肩こりなど、不調やストレスの原因になるとは、皮肉な時代になって来ました!
タグ:視力
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。