So-net無料ブログ作成
検索選択

痩せたくても痩せられないのは新型栄養失調の可能性あり! [痩せたい]

食事の量を減らして、痩せようとしているのに、痩せられないのは、生活習慣に問題がある可能性があります。正しい食べ方をしないと新型栄養失調になるのです。新型栄養失調のパターン
栄養成分の偏り
食費の節約で、お腹を満たすために、ご飯やパンなどの炭水化物を多く摂り、野菜や魚、肉などが少ない人は、エネルギーを作る鉄分やビタミンB群、筋肉を作るタンパク質、食欲に関わる亜鉛などのミネラル分が不足して基礎代謝が低下して痩せにくい体になっている場合があります。

●腸内環境と腸内フローラ(腸内細菌叢)
近年の研究で腸内環境には「デブ菌」と「痩せ菌」がいることがわかり、
太りやすい体質の方には「デブ菌」が多く、
痩せやすい体質の方には「痩せ菌」が多くいることがわかりました。
少ししか食べないのに太っているという人は、少しの食べ物からも大量なエネルギーを吸収する腸内
フローラを多く持っていると思われます。

●睡眠不足
睡眠不足の人はそのストレスで、食欲を抑制するホルモンである「レプチン」を減少させ、食欲を増進させる「グレリン」を増加させ、太りやすくなると言われています。
ストレス太りは睡眠時間とも関係していると言えそうです。

新型栄養失調にならないためにも、バランスのよい食事と十分な睡眠、適度な運動が大切な事が、改めて理解出来ました。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。